千葉市稲毛区で骨盤矯正が出来る整骨院。腰痛・スポーツ傷害など、ケガや痛みはお任せください。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1F
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分 

043-205-4203

シンスプリントについて

シンスプリントとは

スネの内側が痛むシンスプリント

運動時や運動後にスネ(脛骨)の内側に痛みが生じるスポーツ障害です。

過労性脛骨骨膜炎とも呼ばれ、人によってはスネの外側に痛みが出る場合もあります。

疲労骨折との鑑別が重要ですが、初期段階の疲労骨折はレントゲンではわからないため、判別が難しいとされています。
無理に練習を続けることは骨折の危険性を高めるだけですので注意が必要です。

時間が経つと非常に治りが悪くなる疾患で、早期の治療開始がポイントになります。

シンスプリントの原因

シンスプリントの原因は脛骨にかかる過剰な圧縮力です。

脛骨(けいこつ)はまっすぐではなくわずかに反っているため、ランニングやジャンプによって骨の内側に圧縮力がかかることになります。

この圧縮力が強くなり、さらに繰り返されることで骨膜に細かい傷を作り、その傷がひどくなって疲労骨折を起こします。

なぜ脛骨に過剰な圧縮力がかかるの?

回内足と回外足

これには骨格のゆがみが関係しています。

とくに回内足や回外足といったアライメント(骨の配列)異常との関係が強いと言われています。

ランニングやダッシュ、ジャンプなどは地面からの反発力が強い動作ですが、通常は関節や筋肉でそれらの衝撃を吸収しています。

しかし、骨盤のゆがみや下肢アライメントに異常があると、衝撃を吸収しきれず骨に直接衝撃が伝わってシンスプリントや疲労骨折を起こすリスクが非常に高くなります。

シンスプリントの治療

シンスプリントの原因は骨格のゆがみによる脛骨への過剰な圧縮力です。
ゆがみを整えて脛骨への負荷を軽くすればシンスプリントは解決されていきます。

とくに骨盤のゆがみは下肢アライメントを崩すことが明らかになっていて、これがシンスプリントにつながることがわかっています。

当院では骨盤矯正を中心としたゆがみを整える治療で、シンスプリントの改善に効果を上げています。

最後に

人の体は全体としてのバランスをとるようにできています。

スネが痛いからといってスネだけがおかしいということはありません。

どのスポーツにも言えますが、全身がきれいに連動してスムーズに動くことが重要です。そのために必要なのが骨格矯正で全身のバランスを整えることです。

当院では根本原因の改善・早期のスポーツ復帰・より良いパフォーマンスの発揮を目標に、骨盤を中心とした全身のバランスを診ていきます。

当院の治療をきっかけに、あなたが持っている本来の運動能力を最大限に発揮してもらえるよう全力を尽くします。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203