千葉市稲毛区で独自の骨格矯正が好評の整骨院。腰痛、捻挫、肉離れなどの早期回復をサポート。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1階
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分

043-205-4203

お気軽にお問合せください

千葉市稲毛|アール鍼灸整骨院コラム

ケガをしたときはどうすれば良いか?

適切な応急処置が重要です

スポーツ外傷

スポーツにはケガがつきものです。当院にもスポーツでケガをした方が大勢来られますが、正しい応急処置をしている方はとても少ないです。

応急処置を適切に行なえば、ケガを短期間で治すことに役立ちます。
逆に、適切でなければケガの回復が長引くだけでなく、症状を悪化させることもあるため、正しい応急処置はスポーツをするうえで必須の知識だといえます。

 

RICE処置を覚えておこう!

応急処置の基本は「RICE(ライス)処置」です。
RICE処置は捻挫、打撲、肉離れなど、ケガをしたときに幅広く活用できる方法ですので、ぜひ覚えておきましょう。

RICE処置とは

Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、ケガの応急処置として広く知られています。
RICE処置を適切に行うことで、ケガの回復を早めることができます。
 

Rest(安静)

【目的】
  • 痛みを抑える
  • 内出血や腫れを抑える
  • ケガの拡大防止

患部の修復作業はケガ直後から始まります。無理をして運動を続けると修復作業がうまく進みません。その結果、ケガの回復を遅くしたり、リハビリに必要な時間が長くなったりしますので、まずは患部を動かさずに安静にしましょう。
 

Icing(冷却)

【目的】
  • 内出血、腫れ、痛みを抑える
  • 炎症を抑える
  • ケガが回復するための環境作り

意外と正しい方法で行なわれていないアイシングですが、一番重要な処置ですので正しい方法で行ないましょう。
ケガの直後は「30分間のアイシング、その後1時間の休憩」を1セットとして3~5セット繰り返します。

Compression(圧迫)

【目的】
  • 痛みを抑える
  • 内出血や腫れを抑える

患部を適度に圧迫することで、腫れを最小限に抑えることができます。
ただし、強すぎる圧迫は神経障害を起こすことにもなるため、圧迫中は皮膚の色やしびれなどに気をつけてください。

圧迫方法としては、ケガ直後にテーピングで圧迫するのはオススメしません。
患部に氷のうを当て、氷のうごと弾性包帯で圧迫するのがオススメです。

 

Elevation(挙上)

【目的】
  • 痛みを抑える
  • 内出血や腫れを抑える

患部を心臓よりも高い位置に保つことで腫れを軽減させる方法です。
足のケガでは、床に寝てクッションなどを足の下に入れることで心臓よりも高い位置に患部を保つことができます。

 

応急処置後は医療機関へ

応急処置の基本はRICE処置でしたが、Rest(安静)だけでは患部を保護できないことから、Protection(保護)を加えたPRICE処置に変化してきました。さらに最近では、ケガの治療に必要以上の固定や安静は悪影響だといわれていて、Rest(安静)をOptimal Loading(最適な負荷)に置き換えたPOLICEという概念が広まりつつあるようです。

時代と共に医療も変化していて、以前は良いとされていたことが実は悪影響だったということもあります。
自己判断での処置はケガの回復を遅らせることにもなりますので、応急処置後は速やかに医療機関にかかることをオススメします。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 ×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203