千葉市稲毛区で骨格矯正、筋膜リリースが好評の整骨院。腰痛、捻挫、肉離れなどの早期回復をサポート。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1階
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分

ご予約はこちら

043-205-4203

ケガをしたときはどうすれば良いか?

まずは適切な応急処置を!

スポーツ外傷

スポーツに限らず、ケガをしたときには適切な応急処置が重要です。しかし、ケガが多いスポーツ選手であっても正しい応急処置ができている方はとても少ないです。

適切な応急処置は、ケガの早期回復に役立ちます。

逆に不適切であれば症状を悪化させることもあるため、正しい応急処置ができるようにしておきましょう。

 

応急処置の基本「RICE処置」

RICE(ライス)処置は、Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、応急処置の基本として広く知られています。

捻挫、打撲、肉離れなど、ケガをしたときに幅広く活用できますのでぜひ覚えてください!

 

Rest(安静)

  • 痛みを抑える
  • 内出血や腫れを抑える
  • ケガの拡大防止

患部の修復作業はケガ直後から始まります。そこで無理をすると修復作業がうまく進みません。その結果、ケガの回復が遅くなり、リハビリにかかる時間も長くなりますので、まずは患部を動かさずに安静にしましょう。

 

Icing(冷却)

  • 内出血、腫れ、痛みを抑える
  • 炎症を抑える
  • ケガを回復させるための環境作り

一番重要な処置なので正しいアイシングの方法を覚えましょう。

ケガの直後は「30分間のアイシング、その後1時間の休憩」を1セットとして3~5セット繰り返します。

 

Compression(圧迫)

  • 痛みを抑える
  • 腫れや内出血を抑える

患部を適度に圧迫することで、腫れを最小限に抑えることができます。
ただし、強すぎる圧迫は神経障害にもつながるため、圧迫中は皮膚の色やしびれなどに気をつけてください。

また、ケガの直後にテーピングで圧迫・固定する方法はオススメしません。
患部に氷のうを当て、氷のうごと弾性包帯で圧迫するのがオススメです。

 

Elevation(挙上)

  • 痛みを抑える
  • 内出血や腫れを抑える

患部を心臓よりも高い位置に保つことで腫れを軽減させる方法です。

足のケガでは、床に寝てクッションなどを足の下に入れることで心臓よりも高い位置に患部を保つことができます。

応急処置後は医療機関へ

RICE処置はあくまでも応急処置であり、医療機関を受診する前の初期対応です。

自己判断での処置はケガの回復を遅らせることになるため、応急処置後は速やかに医療機関を受診しましょう。

アール鍼灸整骨院

診療日
 
午前 ×
午後 ×

診療時間

平日 10:00~12:30
   15:00~20:00

土日 10:00~15 : 00

休診日

月曜日・祝祭日

住所

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

043-205-4203