千葉市稲毛区で独自の骨格矯正が好評の整骨院。腰痛、捻挫、肉離れなどの早期回復をサポート。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1階
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分

043-205-4203

お気軽にお問合せください

腸脛靭帯炎(ランナー膝)でお悩みですか?

  • 腸脛靭帯炎がなかなか治らない
  • 電気とシップだけでは治る気がしない
  • 痛くて走れない
  • 階段がつらい、歩くだけでも痛い
  • 早くスポーツに復帰したい

あなたが腸脛靭帯炎(ランナー膝)で悩んでいるのなら、当院がお役に立てるかも知れません。

腸脛靭帯炎とは?

膝の外側にある腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)が炎症を起こしたものです。

ランニング時の痛みが特徴で、ひどくなると歩くだけでも痛むようになり、膝を曲げられなくなることもあります。俗にいう「ランナー膝」のひとつで、ランニング障害の20%を占めるといわれています。
 

どうして腸脛靭帯炎になるのか?

硬くなった腸脛靭帯が骨との接触部でこすれて炎症を起こしたものが腸脛靭帯炎です。
骨盤がゆがむと脚の動き方が正常とは変わるため、腸脛靭帯を緊張させて硬くしてしまいます。つまり、
骨盤のゆがみが腸脛靭帯炎の根本原因であると考えられます。

腸脛靭帯炎を治すには?

1.しっかり休んでダメージを抜こう

腸脛靭帯炎は、緊張して硬くなった腸脛靭帯が骨との接触部分で何度もこすれることで生じます。つまり、摩擦によるダメージ(摩擦熱)の蓄積による症状なので、溜まったダメージをしっかり抜かないとすぐに痛みが再発してしまいます。

とくにスポーツ選手は無理をしがちでダメージが抜けず、腸脛靭帯炎がなかなか治らないケースも多いです。重症化すると数ヶ月は痛みが引かないこともありますので無理はしないようにしましょう。
 

2.アイシングをしよう

腸脛靭帯に溜まったダメージ(摩擦熱)を抜くため、炎症を抑えるためにアイシングが必須です。自宅でもできる一番簡単なケアなので、毎日欠かさず行ないましょう。
 

3.骨盤のゆがみを整えよう

腸脛靭帯は骨盤から始まる筋肉とつながっています。骨盤がゆがむとそれらの筋肉が緊張し、腸脛靭帯を強く引っぱって摩擦を強めてしまいます

骨盤のゆがみを整えることで、腸脛靭帯を引っぱる力が弱まるので痛みの改善につながります。

 

腸脛靭帯炎の施術について

当院の施術

 腸脛靭帯炎では、どうしても患部である膝だけに目がいってしまいがちですが、膝だけを治そうとしても根本的な解決にはなりません。

当院では腸脛靭帯炎を「全身のバランス不良」としてとらえ、骨盤を中心に体全体のバランスを整える施術を行ないます。また、必要に応じて筋力バランスを整えるための運動を行ない、腸脛靭帯炎の根本的な改善を目指します。

ただ、今の体のバランスや形は長期間かけて作られたものであり、それらを急激に変えてはいけないケースもあります。
人はそれぞれ治っていくペースが違いますし、受け取れる治療の量にも個人差があります。

これらを考慮しつつ、人それぞれのペースに合わせて無理なく体を整える自然な施術を行なっています。 

腸脛靭帯炎でお困りの方はお気軽にご相談ください

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 ×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203