千葉市稲毛区で独自の骨格矯正が好評の整骨院。腰痛、捻挫、肉離れなどの早期回復をサポート。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1階
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分

043-205-4203

お気軽にお問合せください

足底筋膜炎でお悩みですか?

  • 足裏の痛みがなかなか治らない
  • 電気とシップだけでは治る気がしない
  • 朝の1歩目がつらい
  • 階段がつらい、歩くだけでも痛い
  • 早くスポーツに復帰したい

あなたが足底筋膜炎でお悩みであれば、当院がお役に立てるかも知れません。
 

足底筋膜炎とは?

足の裏が痛む足底筋膜炎

足の裏にある足底筋膜が炎症を起こしたものです。

近年のマラソンブームによって足底筋膜炎は増えていますが、スポーツ以外でも長時間の立ち仕事をする方などに発生します。

起床時の一歩目が痛いのが特徴で、初めは歩いていると痛みが軽くなることもありますが、ひどくなると足を地面につけただけで痛むようになります。

 

どうして足底筋膜炎になるのか?

骨格のゆがみは体のバランスを不安定にします。すると、バランスをとろうとしてふくらはぎや太もも裏側の筋肉に余分な力が入ります。これらの筋肉は足底筋膜とつながっていて、余分な力が入ると足底筋膜を過剰に引っぱるようになります。

つまり、骨格のゆがみが足底筋膜を引っぱる刺激となり足底筋膜炎を引き起こします。

※一般的に足底筋膜炎の原因とされる「アーチの低下」も、足の骨格のゆがみです。
 

足底筋膜炎を治すには?

足のアーチ

足底筋膜の炎症による熱を冷ますため、まずはアイシングをしましょう。

足のアーチを強化するため、骨格のゆがみを整えることも必要です。
足のアーチは体重が正しくかかることで強度が増すようにできているので、骨格がゆがむと体重が正しくかからずアーチが弱くなります。

骨格のゆがみを整えることで体重が正しくかかってアーチを強化でき、足底筋膜を引っぱるような無駄な力もなくなります。

そのうえで、足を支えている筋肉をバランスよく強化するのが効果的です。

 

足底筋膜炎がなかなか治らない…

足底筋膜炎の痛みが長引く場合、シューズや練習量の問題ももちろんありますが、次のようなことも考えられます。
 

1.骨格のゆがみが治っていない

まずは根本原因である骨格のゆがみが治っていないのかもしれません。足底筋膜炎は足だけの問題で生じるわけではありませんので、足だけを治療していても症状がなかなか変わらないことがあります。
 

2.ダメージを抜いていない

足底筋膜炎は捻挫や打撲と違い、何らかの刺激が繰り返し加わることで生じる痛みです。つまり、ダメージの蓄積による症状なので、溜まったダメージをしっかり抜かないとすぐに痛みが再発してしまいます。ダメージを抜くためにはアイシングが効果的なので、毎日欠かさず行ないましょう。また、場合によってはストレッチのやりすぎで足底筋膜に負担をかけていることもありますので注意が必要です。
 

3.筋力のバランスが悪い

足を支える筋力のバランスが悪いと足底筋膜に負担がかかります。とくに後脛骨筋、腓骨筋などの筋力バランスが重要です。

足底筋膜炎がなかなか治らないという方は足裏だけを治そうとしていることが多いです。体は全身のバランスとして機能していますので、足底筋膜炎も「全身のバランス不良」としてとらえることが必要です。
 

足底筋膜炎の施術について

当院の施術

 足底筋膜炎では、どうしても患部である足裏だけに目がいってしまいがちですが、足裏だけにアプローチしても根本的な解決にはなりません。

当院では足底筋膜炎を「全身のバランス不良」としてとらえ、骨盤を中心に体全体のバランスを整える施術を行ないます。また、必要に応じて筋力バランスを整えるための運動を行ない、足底筋膜炎の根本的な改善を目指します。

ただ、今の体のバランスや形は長期間かけて作られたものであり、それらを急激に変えてはいけないケースもあります。
人はそれぞれ治っていくペースが違いますし、受け取れる治療の量にも個人差があります。

これらを考慮しつつ、人それぞれのペースに合わせて無理なく体を整える自然な施術を行なっています。 

足底筋膜炎でお困りの方はお気軽にご来院ください

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 ×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203