千葉市稲毛区で独自の骨格矯正が好評の整骨院。腰痛、捻挫、肉離れなどの早期回復をサポート。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1階
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分

043-205-4203

お気軽にお問合せください

肉離れでお悩みですか?

  • 肉離れがなかなか治らない
  • 電気とシップだけでは治る気がしない
  • 肉離れを繰り返している
  • 歩くのも痛い
  • 筋肉が引っぱられて痛い

あなたが肉離れで悩んでいるのなら、当院がお役に立てるかも知れません。

肉離れとは?

ジャンプやダッシュなど、急に強い力を発揮したときに発症する筋肉の損傷で、ほとんどは脚の筋肉に発生します。

肉離れは再発することも多く、無理をすると合併症や後遺症にもつながりますので、できるだけ早く治療を開始することが重要です。
 

どうして肉離れを起こすのか?

体のゆがみが根本原因であると考えられます。
体がゆがむと筋肉は引っぱられて硬くなります。このときに急激な力が加わると、劣化して硬くなったゴムが切れるかのように肉離れを起こしてしまいます。

  • 肉離れを繰り返している
  • いつも同じ側の脚に肉離れが起こる
  • 過去に肉離れをしたが治療していない

これらに当てはまるなら、『ゆがみ』の影響があると考えられます。

肉離れを治すには?

肉離れは筋線維の部分的な断裂です。
目には見えませんが、筋肉に「切り傷」ができたのと同じような状態になっています。

「切り傷」ができた場合、その傷を治すためには傷口をくっつけてふさぐようにしますよね? 肉離れも同じで、傷口をしっかりふさぐことが早く治すためのポイントになります。

また、肉離れは応急処置を含めた初期処置が非常に重要です。肉離れをしたらとにかく無理をしないで治療に専念することが、合併症による痛みや後遺症を防ぐための一番の方法だといえます。
 

瘢痕が残ると厄介に…

肉離れを放っておいたり無理をして動いていると、瘢痕(はんこん)と呼ばれる「しこり」が作られます。これは傷口にできる『かさぶた』みたいなもので、周りの正常な筋肉とは硬さも構造も違う組織です。

そのため瘢痕と正常な筋肉との間に不安定で弱い部分ができてしまい、筋肉がつれるような違和感が続いたり、この部分で肉離れを繰り返すことになってしまいます。瘢痕の予防のためにも、できるだけ早く治療を開始することが大切です。

肉離れの施術について

自分でできる応急処置

肉離れをしたらそこで競技や練習を中断して患部の安静を保ち、可能であればアイシングで患部を冷やします。
これらは応急処置の基本であるRICE処置のR(Rest:安静)とI(Icing:冷却)ですが、この2つだけでもその後の回復が良くなります。

応急処置をした後は、速やかに専門家に任せるのがオススメです。

当院の施術

肉離れをするとどうしても患部だけに目がいってしまいがちですが、肉離れの発生には骨格のゆがみが強く関与しているため、ゆがみを整えることが肉離れの根本的解決につながります。

肉離れを起こすこと自体が骨格のゆがみを示していますし、肉離れをして歩き方がおかしくなれば骨格のゆがみを作ることになります。

体は1ヶ所がおかしくなると連鎖的に他の部分にも影響が生じるようになっています。

このような観点から、当院では肉離れを「全身のバランス不良」としてとらえています。

  • 骨盤を中心に体全体のバランスを整える施術
  • 傷口をふさぎ、筋線維を整える特殊なローラー

これらにより、肉離れの根本的な改善を目指します。

ただ、今の体のバランスや形は長期間かけて作られたものであり、それらを急激に変えてはいけないケースもあります。
人はそれぞれ治っていくペースが違いますし、受け取れる治療の量にも個人差があります。

これらを考慮しつつ、人それぞれのペースに合わせて無理なく体を整える自然な施術を行なっています。

肉離れでお困りの方はお気軽にご相談ください

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 ×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203