千葉市稲毛区で骨盤矯正が出来る整骨院。腰痛・スポーツ傷害など、ケガや痛みはお任せください。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1F
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分 

043-205-4203

千葉市稲毛区|アール鍼灸整骨院のブログ

姿勢を正すときのよくある間違い

投稿日|2016.3.28

こんにちは。
アール鍼灸整骨院です。

姿勢の悪さを気にしている人はかなり多いと思います。
「姿勢を良くしよう気を付けてはいるんだけど…」という話もよく聞きます。
しかし、そのような人に限って腰・首・背中の痛みを訴えることが多かったりします。

今日は「姿勢を良くしようとして逆に体に負担をかけているパターン」について説明します。

 

パターン1.胸を張りすぎて腰が反っていませんか?
姿勢を良くするよう気を付けてます!という人の多くは、肩甲骨を寄せて一生懸命に胸を張っています。胸を張るのは良いのですが、そのことばかりを意識して腰が反っていることが多く、それが腰痛につながっています。

このパターンは意外と多いので、鏡で自分の姿勢をチェックしてみてくださいね。

 

パターン2.重心が踵にかかっていませんか?
肩甲骨を寄せようとしすぎて重心が踵(かかと)にかかっている人も多いです。
これを
後方重心と呼びますが、後方重心は頭痛や脳疾患をはじめとしたさまざまな病気を引き起こすことがわかっています。

姿勢を良くしようとしても病気になってしまうのでは意味がありませんよね?
このパターンも多くの人に見られますが、非常に体に悪いので注意が必要になります。

 

【姿勢をよくするためには】
肩甲骨を寄せずに自然に胸を張るポイントは、じつは骨盤のポジションにあります。
骨盤が正しいポジションにあれば、それだけで自然に胸を張った良い姿勢になります。

逆に骨盤のポジションが正しくなければ、それは体に負担をかけながら無理矢理姿勢を良くしていることにもなります。

姿勢を良くするためには骨盤矯正が良いといわれていますが、これは骨盤のポジションを正しい位置にもっていき、自然に胸が張れるようになる効果があるからです。

 

【本日のまとめ】
姿勢を良くするときの注意点3つ

1.胸を張ろうとして腰を反らさない
2.胸を張ろうとして後方重心にならない
3.自然に胸を張るためには骨盤のポジションが大事

これらを踏まえ、当院では骨盤矯正をはじめ、自分で骨盤のポジションを修正する運動などを指導しています。無理なく姿勢が良くなるようなアドバイスをしていますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203