千葉市稲毛区で骨盤矯正が出来る整骨院。腰痛・スポーツ傷害など、ケガや痛みはお任せください。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1F
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分 

043-205-4203

千葉市稲毛区|アール鍼灸整骨院のブログ

手首の腱鞘炎

投稿日|2017.1.25

こんにちは。
アール鍼灸整骨院です。

移転して約2週間。ようやく落ち着いてきましたのでブログを再開します。
今日は「腱鞘炎はどうすれば治りますか?」という質問を受けましたのでお答えします。

腱鞘炎について

手首の腱鞘炎

腱鞘炎とは、腱と腱鞘(けんしょう)がこすれ合うことで炎症を起こしたものです

手首から親指にかけての部分に多くみられ、これを「ド・ケルバン病」と呼びます。

手首や指の使いすぎが一番の原因とされています。
重症化すると痛みで親指や手首を動かせなくなることもあります。

どうすれば腱鞘炎が治るのか

当院では腱鞘炎の根本原因を『骨格のゆがみ』であると考えています。

実際に、骨格がゆがんでいる人はそうでない人に比べて手首にかかる負担が大きいため、腱鞘炎になりやすいことがわかっています

症状がなかなか改善しない場合は骨格のゆがみを整える治療をすると、症状の改善が期待できますし、再発予防にもつながります。

また、腱鞘炎は炎症によって患部に熱を持ちますのでアイシングは必須です。

本日のまとめ

腱鞘炎を治すためには…
1.患部のアイシングをしましょう
2.骨格のゆがみを矯正しましょう
3.手指に負担をかける動きに気をつけましょう

首のゆがみは腱鞘炎を引き起こす大きな原因の一つです。さらに、骨盤のゆがみ方で腱鞘炎になりやすいのが右手か左手かというのも決まっています。

腱鞘炎に限らずどんな疾患でも、体全体のバランスとしてとらえることが重要です。

これらを踏まえ、当院では全身のバランスを整える施術を行なっています。
腱鞘炎でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203