千葉市稲毛区で骨盤矯正が出来る整骨院。腰痛・スポーツ傷害など、ケガや痛みはお任せください。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1F
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分 

043-205-4203

千葉市稲毛区|アール鍼灸整骨院のブログ

スポーツ傷害について ~骨格のゆがみと筋トレ~

投稿日|2017.3.23

こんにちは。
アール鍼灸整骨院です。

前回はスポーツ傷害(ケガの予防)について、骨格のゆがみを整えることが重要であると説明しました。今回は骨格のゆがみと筋力トレーニングについて説明します。

体が動く仕組み

筋肉は骨にくっついて、その骨を引っ張ることで関節が動きます。
また、筋肉を動かすためには神経が必要です。

かなり大雑把ですが
「脳からの指令 → 神経 → 筋肉 → 関節(骨)が動く」
このような流れで体は動いています。

近年は神経と筋肉についての研究が進み、それらのトレーニングが取り入れられています(例:バランスボール、バランスディスク、コーディネーショントレーニングなど)。

スポーツ選手がケガをした場合、競技復帰に向けて治療やリハビリをしていくことになりますが、ほとんどは「筋肉の機能改善」や「神経と筋肉の協調性を高める」ことが中心になっていて、骨格のゆがみに目を向けられることは少ないようです。

骨格のゆがみにも注目しよう!

前述の通り、筋肉は骨にくっついて、その骨を引っ張ることで関節が動きます。

では、関節がゆがんで動きにくくなっていたらどうでしょうか?
動きにくい関節を動かすため、筋肉は余計に力を使わなければいけません。

つまり、いくら筋肉の機能を改善しても、骨格がゆがんでいるとエネルギーの無駄遣いが発生して運動の効率が上がらないんです。

もちろん余計に力を使うので疲れやすくもなります。

ゆがみがなければトレーニングの効果もアップ!

ダンベル

トレーニングの目的にもよりますが、筋トレではある程度大きな負荷をかけることが重要なポイントになります。

骨格がゆがんでいると、本来持っている正常な筋力が発揮できないため、適切な負荷をかけることができない可能性があります。

体が動く仕組み(脳 → 神経 → 筋肉 → 関節が動く)から考えると、「関節の動き」を改善すれば『筋肉』にも良い影響を与えることが期待できます。

骨格は体の土台であり支柱です。
体の土台や支柱がしっかりしていればボディコントロールも良くなり、適切な負荷でのトレーニングができるので、トレーニング効果をアップさせることが期待できます。

もちろん「筋肉の機能改善」や「神経と筋肉の協調性を高める」といったリハビリにも良い影響を与えることができます。

本日のまとめ

1.骨格がゆがんでいると、筋肉に余計な負担がかかる。
2.骨格がゆがんでいると、本来の力を発揮できない。
3.骨格を整えることで、トレーニングやリハビリの効果がアップする。

スポーツ選手の場合はその競技特有の体の使い方があるため、単純に体をまっすぐに整えればいいというわけではありません。

当院では競技種目やポジションなどを考慮しながら矯正を行なっています。また、自重を使って関節の動きを良くする運動、骨盤のポジショニングによってパフォーマンスアップにつなげる運動など、ご自宅でできることを中心にアドバイスしています。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203