千葉市稲毛区で骨盤矯正が出来る整骨院。腰痛・スポーツ傷害など、ケガや痛みはお任せください。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1F
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分 

043-205-4203

千葉市稲毛区|アール鍼灸整骨院のブログ

二の腕のたるみ

投稿日|2017.4.14

こんにちは。
アール鍼灸整骨院です。

「ジムで運動はしているのですが、二の腕のたるみがなかなか変わりません。何か良いトレーニングはありませんか?」という質問を受けましたのでお答えします

二の腕のたるみ=上腕三頭筋のたるみ?

広背筋

通称「振袖」といわれるように、二の腕のたるみを気にしている人は多いですね。スポーツクラブなどでは「上腕三頭筋」と呼ばれる腕の後ろ側にある筋肉のトレーニングを指導されます。

二の腕のたるみは上腕三頭筋が引き締まっていないせいだから、その筋肉を鍛えましょうということですね。

もちろん体脂肪を落とすための有酸素運動を組み合わせてトレーニングを組み立てることが多いと思います。

これはこれで有効ですが、じつはもっと根本的に解決するべき問題があるんです。

猫背を改善しよう!

根本的に解決しなければいけない問題。
それは「猫背」です。

猫背では肩甲骨が外側に移動しますが、その肩甲骨に押しやられるように二の腕に余分な肉が付くことが多いんです。

また、猫背では腕を十分に動かすことができません。
胸を張って肩を回すのと、猫背で体を丸めながら肩を回すのとを比べてみてください。
胸を張った姿勢の方が肩が大きく回るのが実感できると思います。

つまり同じ運動でも、姿勢が良いと体を大きく動かせるので、筋肉がしっかり刺激されて消費カロリーも高くなります。逆に猫背で姿勢が悪いと動きが小さくなりがちで、筋肉への刺激も小さく、消費カロリーも低くなってしまうんです。

二の腕のたるみだけでなく、運動で効果を出すためには猫背を改善することが重要なポイントになります。

猫背を改善するためには?

猫背を改善するには骨盤から整える必要があります。
なぜなら、骨盤の前傾や後傾によって姿勢が変わってしまうからです。

ただ、今回はトレーニングについての質問なのでジムでできる運動をお伝えしますね。

オススメは「フロント プル ダウン」という運動です。
この運動は胸を張りやすいので、猫背の人にはオススメの種目です。

※やり方については検索してみて下さい

広背筋

「フロント プル ダウン」主に広背筋を鍛える種目です。
姿勢を整えるために欠かせない種目なので、ぜひ今のメニューに加えてみてください。

広背筋は大きな筋肉なので消費カロリーも増えますし、ウエストラインを作るのにも役立ちます。

広背筋が上手く使えるようになると、肩コリや腰痛にも効果があると言われていますので、ぜひ試してみてください。

もちろん「フロント プル ダウン」だけでなく、腕のトレーニングも含めて全身をバランス良く鍛えることが大切です。

本日のまとめ

1.二の腕のたるみは猫背が関係していることがある
2.腕の運動だけでなく、猫背を改善することが必要
3.オススメの種目は「フロント プル ダウン」

「フロント プル ダウン」をやってみたくてもジムに通っていないからできない!と思うかも知れませんが、じつは自宅でもできるんです。いわゆる自重トレーニングですね。
初心者は広背筋を意識するのが難しいので、むしろ自重トレーニングの方が良いかも知れません。

やり方はネットでいっぱい見つかるのですが、それを正しくできるかというとやはり難しい部分があります。当院では骨盤矯正に加え、自重トレーニングなどのアドバイスも行なっています。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203