千葉市稲毛区で骨盤矯正が出来る整骨院。腰痛・スポーツ傷害など、ケガや痛みはお任せください。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1F
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分 

043-205-4203

千葉市稲毛区|アール鍼灸整骨院のブログ

突き指

投稿日|2017.3.8

こんにちは。
アール鍼灸整骨院です。

先日「バスケをしていて突き指をしたんですが…」という学生さんが来院されましたので、「突き指」について説明します。

突き指とは

突き指は「指を突いた」という負傷原因からつけられた俗称です。
つまり正式な病名ではなく、負傷原因を病名のように使っているものです。

そのため「単なる突き指」という扱いで放置され、場合によっては指の変形を残したり、指がうまく動かせなくなることがありますので、適切な治療を受けることが必要です。

突き指は引っ張ればいいの?

「突き指をしたときは引っ張ればいい」とよく言われますが、症状を悪化させてしまうため、決して引っ張ってはいけません。

前述のように「突き指」は単なる俗称(負傷原因)であって病名ではありません。仮に腱の断裂があったとすると、引っ張ることで余計に傷口を拡げることになってしまいます。

突き指をしたときは早めに医療機関へ

突き指で起こるケガには次のようなものがあります。
骨折
脱臼
捻挫(側副靭帯損傷)
マレットフィンガー
掌側板損傷
ジャージーフィンガー など

突き指は、指関節の捻挫であることが多いのですが、骨折や腱の損傷であることも少なくありません。初期処置を間違えると回復にも時間がかかりますので、自己判断せず早めに医療機関を受診することをお勧めします。

本日のまとめ

突き指をしたときは…
1.絶対に引っ張らない
2.アイシング
3.自己判断せずに医療機関で治療を受ける

指は障害が残ると日常生活が非常に不便なものになりますので、自己判断せずに診察を受けるのが最良だと考えています。

これらを踏まえたうえで、当院では指を突いたことによってゆがんだ関節の軸を合わせ、関連する筋肉を調整することで指の機能を回復させる治療をしています。突き指でお困りの方はお気軽にご相談ください。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203