千葉市稲毛区で骨盤矯正が出来る整骨院。腰痛・スポーツ傷害など、ケガや痛みはお任せください。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1F
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分 

043-205-4203

千葉市稲毛区|アール鍼灸整骨院のブログ

クールダウンをしっかりしよう!

投稿日|2018.6.8

こんにちは。
アール鍼灸整骨院です。

突然ですが、あなたは運動後のクールダウンをしていますか?

今も昔もウォーミングアップはするのに、クールダウンをする人は少ないですね。
とくに部活でケガをした学生に聞いてみると、驚くほどクールダウンをしていません。

クールダウンをしない → 疲労が蓄積 → ケガ

このような学生が多いため、今日はクールダウンについて簡単に説明します。

クールダウンの目的

ストレッチ

クールダウンの目的は、運動による疲労をできるだけ残さないように疲労を回復させること。そして、疲労の蓄積によって発生するケガの予防です。

また、激しい運動後に急に運動をやめるよりも、軽めの運動でクールダウンをすることで体に負担をかけないようにする効果もあります。
 

運動をすれば誰でも疲れますし、運動による負担が筋肉や関節に残ります。

このような疲労・負担の蓄積がスポーツ障害の原因になりますので、クールダウンをしっかり行なうことはケガの予防にとても大切です。

クールダウンの方法

クールダウンには「動きながら行なうもの」と「動かないで行なうもの」の2種類があります。

①動きながら行なうもの
⇒代表的なものが、軽いジョギングやストレッチです。
 軽く動くことで血行を促進し、疲労物質を排出させようとするものです。

②動かないで行なうもの
⇒代表的なものは「アイシング」です。運動することで筋肉や関節は熱をもちます。
 人の体は熱を持つことで壊れていきますが、アイシングは体内に残った余分な熱を
排出
して障害を予防する効果があります。


実際の流れとしては、練習後に軽くジョギングやウォーキングをして心拍数を徐々に落とし、その後ストレッチで筋肉をゆるめます。そして、その日の練習で酷使した部位のアイシングを行なうのが一般的だと思います。

これらをいかに行なえるかでケガの発生率が変わってきます。 


中学生や高校生の部活動では「ケガで最後の大会に出られない」「ケガで力を出しきれない」ということが多々あります。そんなことにならないためにも、練習後のクールダウンを習慣にしてくださいね。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203