千葉市稲毛区で骨盤矯正が出来る整骨院。腰痛・スポーツ傷害など、ケガや痛みはお任せください。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1F
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分 

043-205-4203

千葉市稲毛区|アール鍼灸整骨院のコラム

アイシング

効果的なアイシングのやり方

アイシングは痛みや症状のある部位を氷で冷やす方法です。
「冷やすと血行が悪くなる」「冷やすと症状が悪化する」などと言われていた時代もあり、いまだにアイシングに拒絶反応を示す方も少なくありません。しかし、正しく行えば安全で非常に効果が高いため、スポーツを中心に積極的に取り入れられています。

とくにケガをしたときの応急処置には必須なので、正しい方法を覚えておきましょう。

正しいアイシングの方法

アイシング(氷の表面を水で流す)

①氷の表面についた霜を水で流します(氷をザルにあけると簡単です)。

 

アイシング(アイスバッグなどに氷を入れる)

②アイスバッグ(氷のう)やビニール袋に氷を入れます。
  
 

アイシング(しっかりふたを閉める)

③中の空気を抜いて口をしっかり閉じてください。
 

アイシング(患部に直接当てる)

④患部に直接当ててください。目安は10~30分くらいです。  
 

アイシングの注意点

必ず表面を水で流した「氷」を使ってください。 
表面の霜を落とさないと「凍傷」を起こすことがあります。 

保冷材は使わない 
→保冷材は凍傷を起こす原因になりますので使わないでください。  

シップは使わない 
→シップに冷却効果はありません。

アイシングにはどんな効果があるの?

①ケガの回復を早める
②ケガの悪化を予防する
③痛みを緩和する

例えば打撲をしたとき、患部は腫れて内出血が起こりますが、アイシングには腫れや内出血を抑える効果があります。腫れや内出血を最小限に抑えることは、ケガの回復を早めることになります。

また、患部周囲の細胞が低酸素状態(いわゆる酸欠)になることでダメージが拡がっていきますが、アイシングには細胞の代謝を下げる効果があります。代謝が下がると必要な酸素の量が少なくて済むので、ダメージの拡大を防ぐことになります。

さらに、痛みを感じる神経の活動を抑えて痛みを緩和します。

このように、ケガをしたときや痛みのあるときには非常に効果的です。 また、疲労回復にも役立つことがわかっています。

【でも寒いんですけど…】

体を広範囲に冷やしてしまうと、たしかに体に悪影響を及ぼすことがあります。しかし、患部だけを局所的に冷やすことは、やり方さえ間違わなければ悪影響はありません。

局所冷却療法(患部のアイシング)」と「全身的な冷え」は混同されがちですが、体に与える影響が根本的に違います。もし寒ければ部屋を暖かくしたり、厚手の服を着たりしながら患部を冷やして頂ければ問題ありません。

【暖めた方が気持ちいいんですけど?】

温めると血管が拡がって、血液の流れが良くなるようなイメージがありますよね?
確かに血管は拡がりますが、
血液やリンパ液の流れが緩やかになり血流は悪くなります。逆に冷やすと血管は収縮しますが、血液の流れが速くなり血流が良くなります。
ホースで水を撒くときに、ホースの口元をぎゅっと絞ると水が勢いよく遠くまで飛ぶのと同じ原理です。

痛みのある部分には炎症が起こっています。炎症は文字通り「熱」を持ちますので、熱を冷ましてあげることが必要です。ただでさえ熱を持っているところに「気持ちがいいから」といって熱を加えてしまったら治るものも治りません。風邪をひいて熱が出て、頭が痛いときにホッカイロをおでこに貼る人はいませんよね?

気持ちが良いのと体に良いのとは別の話なので、しっかり分けて考えないといけません。

まとめ

『痛いときには表面を水で流した氷を使って患部を10~30分冷やす』

薬でも使用方法や使用する量を間違えると副作用を起こします。アイシングは薬ではありませんが、方法を間違えると本来の効果を発揮できません。

正しい方法で患部のケアをしてください

なお、当院ではアイシングの指導やアイスバッグの販売も行なっております。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203