千葉市稲毛区で骨盤矯正が出来る整骨院。腰痛・スポーツ傷害など、ケガや痛みはお任せください。

アール鍼灸整骨院

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-9-10 サクセスビル1F
JR総武線「稲毛駅」東口より徒歩3分 

043-205-4203

千葉市稲毛区|アール鍼灸整骨院のブログ

足首捻挫を放置しないで!

投稿日|2018.5.11

こんにちは。
アール鍼灸整骨院です。

4月下旬頃からスポーツ外傷の学生が増えてきました。
部活、試合、運動会の練習などが重なるため、
毎年この季節はケガが多いです。
もちろん、治りが早い人と遅い人とがいるわけですが、治りが遅い人に共通することがあります。
 

足首捻挫

その1つが「治りが遅い人はケガを放置している」ということ。
とくに「足首捻挫」を放置しているケースが非常に多いです。

なかなか治らない学生に今までのケガを聞くと、必ずと言ってよいほど「足首の捻挫」と答えます。

そして、治療を受けたかどうかを聞くと、ほとんどが治療を受けずに放置しているんで
 

ケガをすると、患部をかばうために骨格がゆがみます。
また、ケガの衝撃によって筋膜などもゆがんでしまいます。

しかも足首は体の一番下の方にある関節です。
そのため、
ここをかばうと上に乗っている体全体がゆがみます。


患部をかばいながら、そして体がゆがんだままで運動を続ければ、患部とは別の所に負担がかかるようになります。

それが新しいケガにつながり、体のゆがみがさらに強く複雑になり、それをまた放置したまま運動を続け……と悪循環を繰り返した結果が『ケガをしやすく治りにくい体』というわけです。

 

あなたは捻挫を軽いケガだからと放置していませんか?
捻挫以外でも、打撲(打ち身)や肉離れを放置していませんか?

もし放置しているのなら、それは「ケガをしやすく治りにくい体」を自分で作っていることになります。

軽いケガだからと自己判断せず、しっかりと治療を受けることをオススメします。

アール鍼灸整骨院

043-205-4203

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台2-9-10サクセスビル1F

JR稲毛駅東口 徒歩3分

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

平日 10:00~13:00
   15:00~20:30

土日 10:00~17 : 00

休診日

月曜日・祝祭日
 

043-205-4203